avocatgagnant.com

転職活動の面接での服装は重要ポイント

緊張することと面接でのメリット 面接で問われる事は本人の中身が最重要ではありますが、面接での第一印象はかなり大きな影響を与えるのは事実です。最近は事前に書類選考してから面接へと進むパターンが主流になっていますので、採用担当者は履歴書や職歴書などを見て実際に会ってみたいという人を選んで面接へ進めています。

面接でお互い初めて会いますので、受ける印象は採用に大きく作用します。どの企業でも明るく誠実な印象は好印象です。また最近は積極的な人材を求めている企業も多いので、面接で与える印象は大きくなります。自分を振り返ってみて少しおとなしい雰囲気であったりする場合は、明るく見える服装を心がけるとよいです。明るい色のワイシャツやブラウスを着用する事で、顔まわりが明るくなります。

逆に少し派手な印象を与えてしまう場合は、スタンダードな服装を選ぶとちょうどよい印象になります。いずれにしても客観視して選ぶ事が重要になります。また服の状態は完璧にしておく事が大切です。よれよれのズボンや汚れた靴などはビジネスマンとして基本的なスキルが問われてしまいます。クリーニングに出したスーツを着用し、良く磨かれた靴を履くという基本的な部分を見直してから面接へ挑むとよいです。

Copyright (C)2019緊張することと面接でのメリット.All rights reserved.